トップ

インプラントは進化している

今日のインプラント

義歯

インプラントの期間について

以前では、人工歯根であるチタンと顎の骨が結合するまで治療を行わないで待っている治療しかなく、その期間は2ヶ月から6ヶ月となっています。今日のインプラント治療は進化していて、人工歯根の結合を待たずに治療を進めることができるものがあります。その治療は、埋め込んだその日に上部構造物である仮歯を取り付けることができ、しかもある程度の硬さの食べ物であれば噛んで食べることができるのです。そのため、総入れ歯を入れている人でインプラントに興味を持つ人が増えていて、短期間で審美的にも良くなるので人気もでています。

治療の期間はどのくらいか

失った歯の後に、人工歯根を歯茎の中に埋め込み、その上に人工歯を被せるインプラント治療は、定着するのに約2~6ヶ月の期間が必要になり、全ての治療期間は3~10ヶ月ほどかかります。人によって個人差はあります。虫歯の治療と比べてかなり長くかかるものと思われる方もいらっしゃるでしょうが、インプラント治療は顎の骨に穴を開けて器具を埋め込むという外科手術を行いますので、手術した部位に定着するまで時がかかるからです。時間はかかりますが、人工歯の定着が良く、見た目も自分の歯と遜色ないほどです。メンテナンスも楽ですから、利用者は増えています。

↑PAGE TOP